相続税の納税についての相談

投稿者:

はじめて相続税を納税するとき、何かわからないことや確認したいことがあることも多いでしょう。
なにか相談したいことがあれば、どうすればいいでしょうか?
一番確実な相談先は、管轄の税務署です。

税務署は申告や納税の受付先となりますが、税務に不慣れな納税者への情報提供や相談の受付などもやっています。
相続税についても、非常に仕組みが複雑ですから、わからないことは聞けば教えてもらえます。
こちらで案内されることが一番正確な対応となりますから、これの納税についてわからないことなどあれば、管轄の税務署へ聞いてみるといいでしょう。

なお、相続税で管轄の税務署というと、被相続人の最後の住所を管轄している支所となります。
相続人にとっての最寄りの税務署になるとは限らない点に注意してください。
その相続税の申告や納税に関しては、管轄の税務署の判断が最優先されることが多いですから、納税について相談したいときなど、なるべくその管轄先の支所へ相談するのが基本となります。
特に管轄となる支所でないと対応できない相談内容もあります。
たとえば相続税の納税について、延納や物納などの希望があるときは、その申告を管轄する税務署へ相談してください。

このような特殊な相談事ではなく、非常に基本的な相談事の場合、たとえば相続税の基本的な納税方法について聞きたいといったことなら、最寄りの税務署でも対応できることはあります。
これはどの相続税の納税者にも共通する回答となるためです。
このように相談する内容に応じて、相談する税務署を選ぶと、スムーズに回答を得られるでしょう。

なお、相続税の納税をどうやればいいのかわからず、代わりにやってほしいといった相談なら、税務署に相談しても対応は難しくなります。
このときの相談先は、税理士となるのが基本です。
税理士は税務のプロとなり、依頼人の税務を代わりにやれる唯一の職業です。
納税まで含めて代わりに手続きをやれますから、方法がわからなかったり、時間がなかったりするときなど、税理士まで相談してみるといいでしょう。